かっこ良いデザインのホームページはどうやれば良いの?

ホームページ作成ソフトが便利ですよ

ホームページを自ら作りたいと言った場合、HTMLやCSS、JavaScriptと言ったプログラミング言語を覚えてコーディングを行う方法とホームページを作成出来るソフトウェアを使う方法があります。コーディングを行う場合には、頭の中でデザインをイメージしながらコーディングと言う形になるので、初心者にとってはハードルが高めと言えましょう。ホームページ作成用のソフトウェアはビジュアル的に画像や文字をレイアウト出来るので、デザインづくりにも最適なツールと言えます。

ホームページの価値はデザインで決まる?

ホームページの価値はデザインだけで決まるものではありませんが、ユーザビリティと言う事を考えた場合、デザイン性も必要ではないでしょうか。ホームページを作る人の中にはデザインに凝り過ぎてしまい、文字色を赤、背景色を濃い目の青と言った配色にしているケースもあります。しかし、このような配色は一見綺麗に感じたとしても、文字を読む時に読み難さを与えてしまい、ホームページに訪れた人への利便性を損ねてしまう事になりますよね。

デザインを決めるのはカスケードスタイルシート

ホームページのデザインはHTMLだけではなくカスケードスタイルシートと呼ばれているCSSが有利です。ホームページを専門に製作を行っている会社などの場合、デザイナー自らCSSでデザインを作り上げると言う手法で行っているケースが多くあります。しかし、初心者がいきなりCSSデザインを作ると言うのは大変な作業なので、ホームページ作成用ソフトを利用し、色を変えてみる、背景色を画像にしてみるなど、ソフトを使ってデザインづくりを楽しんでみてはどうでしょうか。

レスポンシブデザインとは、サイトを様々なデジタルデバイスから閲覧しても最適化して表示するための技術です。