ネット上で誹謗中傷された場合の基本的対策

顔の見えないネット上で行われる誹謗中傷の恐怖

一般社会にインターネットが広く浸透している現代では、ネット上で謂れ無い悪口を書き込まれたり、プライバシーの侵害になるような画像をばらまかれてしまうといった誹謗中傷の事件が多く発生しています。こういった事件では、企業や店舗に対してだけではなく、特定の個人を攻撃するケースも多くなっています。また、そういった被害に合った時、犯人を特定したり、罪に問うことが中々できないという事実も、多くの企業や個人を悩ませる問題となっています。もし、自分がネット上の誹謗中傷の被害者になったら、ショックや怒りを感じるのはもちろんですが、適切な対策を行い、適切に対処できるように基本的な誹謗中傷対策を確認しておきましょう。

誹謗中傷を書き込まれたサイトに削除を申し入れよう

ネット上の誹謗中傷は、悪口や画像の投稿によって行われることがほとんどです。この投稿先は、口コミサイトや個人ブログなど様々でしょう。しかし、すべてのサイトには等しく管理人や管理プロバイダが存在します。自分自身や関係している場所の誹謗中傷を発見したら、一刻も早くその対象となる投稿や書き込みを削除してもらい、情報が拡散し二次被害が起こることを最小限に抑えることが大切です。現在では、誹謗中傷事件に対してインターネット上の管理者もとても敏感になっています。もちろん、投稿されたサイトには何の罪もありません。感情的に怒りをぶつけるのではなく自分が謂れのない誹謗中傷を受けていること、その書き込みを削除してほしいことをサイトの管理者に伝え、迅速な処理を求めましょう。

誹謗中傷がどんなものなのか理解しておこう

誹謗中傷の作場を申し入れる、などの行動を行うにはまずどのような内容が誹謗中傷として訴えることができるのかを明確に理解しておくことが大切です。誹謗中傷の内容は大きく2つに分けることができます。まず、公の場で対象者や対象企業・店舗などの社会的評判、地位を損なう言葉や行動を行う、名誉棄損というものです。これは、例えば本人を騙って雑言を連ねる、住所や電話番号を公開するなどの行動も含まれます。次に、対象に対して曖昧な内容だとしても人格を否定するような内容の書き込みなどを行う侮辱という行動があります。特定の人物に対して、その人物を否定する、軽蔑するような内容を書き込むことがこの侮辱という誹謗中傷に当たります。こういった書き込みを発見した場合には、直ちに適切な処置を行いましょう。

逆SEO対策は、誹謗中傷をするサイトを人目につかないようにして、サイトの検索順位を下げる事です。具体的に新しいサイトを作り、誹謗中傷するサイトの検索順位を押し下げる事です。