対応はお早めに!?誹謗中傷の対策について

ネットやメールで起こり得る時代

誹謗中傷は今や他人事ではない時代に突入しています。インターネット普及の影響、メールやSNSなどで生まれる罵詈雑言など個人レベルであっても充分に起こり得ます。そのため誹謗中傷対策が必要となるケースも少なくありませんし、場合によっては長期的にダメージを負うことにもなります。対策は証拠の有る無しでも変わりますが、最近では誹謗中傷対策関係の業者も増えてきたので相談もいくらかしやすくなりました。無料相談のサービスもありますよ。

知らない人からの誹謗中傷も

近年では掲示板から生まれる誹謗中傷もめずらしくはありません。利用者の多い掲示板だと誹謗中傷による影響も大きくなりやすいので早めに対応する必要があります。これは閲覧した人が情報を拡散する恐れがあるためですね。ちなみに記事の排除依頼に関しては掲示板の管理人が受け付けていることも多いです。対応の早さは掲示板などによって違うのでそこは気を付けましょう。誹謗中傷対策の業者の方が対応スピードは早い傾向にはありますね。

ユーザーの特定は可能なのか

誹謗中傷の元となる記事、画像などを保存したとしても、そこからユーザーの特定が可能かどうかは別の話です。とはいえ裁判などの可能性も考慮し、証拠集めに尽力を注ぐのは悪い考えでは無いです。また最近の業者はIPアドレスから情報源を特定してくれることもあるので、対応策としては有効と言えるでしょう。また会員制のサイトで発生した誹謗中傷の場合は、管理者権限で迷惑行為に及んだ会員のアカウントを凍結、またはそのユーザーを退会させるといったことも多いです。

誹謗中傷対策としては、その現状が辛いかもしれませんが、そういったネットなどを見ないことが傷をつけずに済む方法です。